賃貸アパートの経営について

賃貸契約をして鍵を受け取ったら、引越しまでの間に、一度部屋に訪れて、いくつかのチェックをしておきます。

鍵を受け取ったら賃貸物件のチェックに訪れる

賃貸契約をして支払いを済ませたら、新しい住まいの鍵を渡されます。引越しまでに時間があれば、新しい部屋に行っていましょう。事前に色々と調べてあれば問題ありませんが、不動産屋さん同伴の内覧をして、そのまま部屋には訪れていないのでしたら、尚の事、再度チェックを入れておきましょう。メジャーとカメラは持参します。カメラじゃなくても、カメラ付き携帯、スマートフォンでも構いません。自分の目で見て、正確な寸法を測ったり、気になる部分を写真で残したり、確認作業に移ります。荷物を入れ込む前なら、まだ間にあることもたくさんあります。その代表格が、部屋のカーテンです。

新しい住まいに心弾む、その前に、住居の確認を始めましょう。まずは窓のサイズを確認します。ここでメジャー登場です。窓枠のサイズを図って、用意しているカーテン幅と合うかの確認です。新しくしたインテリアが、部屋にあわないことがあってはいけませんから、壁の広さなんかも測っておきましょう。間取り図に方角は書いてあるものですが、たまに書いていない物件もあります。ベッドを運び入れて方角はどうするかなど、迷わないように、方位磁石のコンパスを持参するのもいいです。万が一部屋の中に傷があったらいけません。気になる箇所は、カメラで撮影しておきましょう。チェックを一通り済ませたら、次に来るのは引越しの日です。

Copyright (C)2017賃貸アパートの経営について.All rights reserved.